全日制でのいじめから通信制高校へ

高校は卒業するべきだと思い通信制高校へ

アルバイトをしながら悶々と毎日考えている中で、その職業に就けなくても高校は卒業するべきだと思い、真っ先に浮かんだのが通信制高校で高校を卒業する、と言う事です。
親は学費を出してはくれると思いますが、余り頼りたくなかった為、アルバイトを続けながら勉強をしようと思ったのです。
高校の勉強は進学校に通っていた時に要領を掴んでいましたし、その時のクラスメイトが分からない事があれば教えてやると言ってくれた事もあり、サポート校を使用しないでの勉強になりました。
それでも勉強はそこそこ大変で、アルバイトが休みの日は図書館に通ったり、友人やアルバイトの先輩に聞いたりしながら何とか勉強をすすめていきました。
たまに安いインターネットの家庭教師の様なものも利用したり、通信制高校の先生にメールを送って聞いたりしながら、何とか卒業する事が出来ました。
本当に周りの友人や先輩に助けられて卒業出来た様なものです。
卒業出来た時は本当に嬉しくて、泣いてしまいそうな程でした。
高校を卒業後は親に助けてもらい専門学校へ進み、夢の職業へと近づいています。
あの時諦めずに高校を卒業しようとして良かったと思っています。

いじめに合い退学 : 高校は卒業するべきだと思い通信制高校へ

医学部受験なら東京の予備校が良い?高校の条件検索│日本の高校│ナレッジステーションの学校情報